AROSからハムログへの変換について

BATOTXT.EXEはJA1UZG/関口さんが作られたフリーソフトです.

ここではBATOTXTを利用して,BOOSTOR-AROSからTurbo/HAMLOG/WinのHamlog.dosとHamlog.dbrへの変換を説明します.

(1)まず、BA2TX49P.LZHを解凍します.
  解凍するとBA2TX49Pと名前の付いたフォルダーに
  BATOTXT.EXE プログラムと BATOTXT.DOC 説明書ができます.
  BA2TX49Pと名前の付いたフォルダーをCドライブに置きます.

(2)Cドライブに「AROS」と名前を付けたフォルダーを作成し,その中に
  変換前のファイル xxxx.BA2 を入れておきます.
  ここでは「M9-IEB.BA2」として説明します.

(3)「スタート」メニューからファイル名を指定して実行を指定します.



(4)ファイル名を指定して実行 が出てきますので「cmd」と入力し「ok」クリックします.



(5)DOS窓が開きますので次の通り入力します.
   cd \
   cd BA2TX49P
   BATOTXT D C:\AROS\M9-IEB.BA2 C:\AROS\



(6)変換実行

  このような画面が表示され,変換作業が行われます.



(7)変換結果

  変換結果は「AROS」フォルダー内にHAMLOG.DBR HAMLOG.DBSとして作成されます.



(8)既にハムログにデータが登録されている場合は,必ずバックアップを取り,注意して結合します.